今年も残すところあとわずかですね・・・。

HP更新後、初の掲載をしたいと思い、お試し運転のためにも、少しこの投稿に慣れたいと思います。

札幌では、連日、新型コロナウイルス感染の拡大が深刻で、ニュースでも毎日感染者情報が流れ、医療体制や検査体制等について、いろいろと騒がれていますね。

そんな中で、中小企業の事業者の方は、売上低下や今後の見通しへの不安、新しい業態への変更等、いろいろと頭を悩ます経営課題でいっぱいなのではないでしょうか・・・。

従業員が感染したら・・・・。濃厚接触者になったら・・・。感染の可能性

感染リスクを減らしたい、在宅勤務制度を導入したい、休業せざるを得ない、全体的な業務フローを見直したい・・・などなど。

そんな中で、中小企業にも来年の4月から正社員とパート・有期雇用者との間の「同一労働・同一賃金」に対応していく必要が出てきます・・・。こんなさなか、今後の人材戦略、育成、確保、員数等、まだまだ見通せないことが多く、対応が後手後手になっている事業所も多いのではないでしょうか。

何事も、すぐさま右から左へ対応できるものばかりではありません。まして、人材戦略や同一労働・同一賃金への対応等は、今後の「自社」がどのような方向で経営をしていきたいのか。拡大なのか、現状維持なのか、縮小なのか、新事業展開なのか、既存事業の運用変更なのか、事業承継なのか・・・。

大きな方向性に基づいて、それぞれ対応が必要なものに、優先順位をつけて対応していく必要があるように感じます。

今後、当面の間、全体から各論に対応していく方法について、小言を残していこうかな、と思います。

新型コロナウィルス感染症の対策にも使える、「小規模事業者持続化補助金」の最終募集締め切りが、12月10日(必着)となっています。くれぐれもお忘れなきよう!!

Follow me!

お問い合わせはこちらへ

ご不明な点など、お気軽にお問い合わせいただければと思います。